幼少のところから腸の調子が悪いのでごはんには気を付けております

朝飯にはどうしてもヨーグルトを食べております。幼少のうちから腸の塩梅が良くなくあたし45年ですが、今でも乳酸菌関連の献立はことごとく食べております。だいたい遺伝性だと思われますが今は亡きお母さんも良く腸の塩梅が可愛らしくなく下痢を通していたそうです。私も同じく幼少の時から同様に下痢を良くしてあり面倒でした。ヨーグルトを食べるようになってからはある程度は改変はされましたが多少なりとも胃腸の調子が悪いと早速下痢を起こしてしまう。今年はとにかく胃の重症の好酸球腹炎にもなってしまいクリティカルでした。関係不明で治療もステロイド材しかない結果、現在は次第監査間による毎月の通院を通しておりますが再発の恐れも有る結果、通院は当分続きそうです。あれほど胃腸の塩梅に気を付けていたのですが残念で方策がありません。ダイエットも依然として解禁されておらず耐え難い物は採り入れることが禁止されております。主治医曰く胃に刺激を与えてはいけないとの物証だそうです。その為、今は更なる胃の塩梅を気を付けていらっしゃる状態です。乳酸菌はヨーグルト以外のドリンクも呑む回数も足しました。今の主治医から言われた「屈強来院を行う場合はとにかく胃カメラ診断でやりなさい」のが頭から離れません。理由はバリウム診断では見つからない疾病が良くあると言われたので今後はそれを守ろうかと思っている今日だ。人気があるのがこれ。ミドリムシのちからを選ぶ理由とは?