ミニマリストになってから富の用法が変わった

今までは何か負荷があるたびに物を買って負荷を解消するということをしていたということもあり、そのたびにお金を使ってはお金がないと嘆いていたのですが、ミニマリストの一生を通してからは「物ではなく項目」でお金をかけるようにしたので、現金を使わなくても良い生活になりました。

何か見どころがほしいなと思ったらWEBやスマホで楽しむということもできるし、どこかに出掛けたいなと思ったら楽しむ場所にいくということができているのでそこまでお金をかけることをしていないし、優雅にランチタイムをしたいなと思ったら自宅でその感情を食らうことができるようになったのです。

そのおかげでホールもきれいになり、サラリーも来るようになってきているのでこういう一生を積み重ねるようにしていこうとしている。

「今お金が薄い」「当人は窮乏です」と思っている他人はミニマリストの一生を知ってほしいし、多少なりとも実行してほしいなとしている。

そうすれば、今お金がなくても安い現金で暮らしをしようと考えるようになるし、現金を使わなくても生活できる工夫をして出向く上では非常に効果がある一生でその上痩身も望めるというお釣りもあるからです。

ミニマリストの一生は「ニード最低限のものだけで一生をする」のが当たりまえになっているからです。http://nikibi-vitamin.net/